着物買取はどんなトリ?

着物買取はどんなトリ?

着物買取は、優しくて、正確で、納得のトリなんです。
例えば、ちょっと、イエかなりシミついている着物、これってもう買取の対象にはならないだろうな〜、とか思いませんか??あるいは、かなり長い間しまっていて、風通ししていないからカビの匂いが・・・、っていう着物がある、とか。これらのような、もう袖を通すのをためらってしまうような着物って、買取も出来ないのでは?とか思ってしまうのも当然かもしれません。でも、そんな着物だって諦める前に、一度は着物買取に相談してみるのがおススメです。着物そのものに価値がある場合、買取は可能になるからです。着物そのものの価値、を具体的に言うと、市場に出して売れる物、もっと具体的に言うと、例えば素材が正絹だったり、特定の産地の着物(大島紬など)、あるいは有名な作家さんの作品などは、中古であっても商品価値は高いので、買取の対象となります。
また、作家さんの作品といったものでなくても、アンティーク着物という分野もあり、その時代の特徴的な柄が入った着物は人気があります。だからまずは、自分で判断せず、どんな着物でも買取が可能かどうか、問い合わせてみるのがおススメ。決して捨てたりしてはいけませんよ〜。